債務整理に追われる前に、対策をしましょう

私の友人は今、債務整理に終われ、正常な思考も持てないくらい、てんやわんやな状態になっています。人は、仕事に忙しくてもある程度は明るく元気に頑張れるのに、それがお金の問題になると、なぜこうも冷静さを失ってしまうのでしょうか。ここにもお金の恐ろしさ、というものがありますね。そもそも、さいしょからローンの返済は計画を持っていれば簡単な物なのです。小学生でも出来る計算のもと、計画するだけです。出来ない筈はありません。では、人は何故、債務整理をしなければいけないのでしょうか。一つの答えとしては、やはり人は楽な方に進むから、という部分もあるのではないでしょうか。もちろん、そんな事は単なる言い訳で、意志が弱いというだけではあります。でも、しっかりと計画をたてて、返済が出来ると踏んでから、お金を借りる筈です。返せる見込みが無いのにお金を借りるようになってはもう終わりですよね。この辺に、債務整理が出来る人と出来ない人の差があるように感じます。債務整理と一言に言っても、会社規模で行なう物と、個人的に行なう物では、もちろんその大きさもレベルも違うのですが、それでも、どちらもしっかりと計画を立てた上で行なえば、あっさりと終わる整理のように思います。ここで手こずるようでは、返す程のお金を、稼ぐ能力自体にそもそも疑問が生じますね。ローンもそのひとの資産です。資産を操れないのは滑稽すぎます。社会人として、自覚のある人間になりたいものです。